読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

room-info blog

お部屋探しの情報・首都圏の街紹介・暮らしに役立つ情報などを更新していきます。

部屋を広く感じさせるインテリアの配置をしよう

お引越しシーズン、実家を出て一人暮らしをするという方は多いと思いますが、そのような場合は家賃の比較的安い1Rや1Kなどの狭いお部屋に暮らすという人も少なくありません。

f:id:room-info:20170221164541j:plain

ワンルームはスペースが限られている分、工夫したいですね

 こうした賃貸物件で快適に暮らすためには、なるべく部屋を広く見せるようにインテリアを配置することが大切です。部屋を少しでも広く感じることが出来れば、より気分良く生活をすることが出来るでしょう。 

では、部屋を広くできるインテリアとはどのようなものなのでしょうか。まず家具や家電選びの段階から気をつけることがあります。それは、なるべく背の低いものを選ぶことです。背の高い家具などは圧迫感を感じさせるので、部屋を狭く見せてしまうことになります。テーブルなどもローテーブルを選ぶように心掛けましょう。

f:id:room-info:20170221165654j:plain

背の高い本棚などは、部屋を狭く感じさせてしまいます
家具や家電を配置する際はなるべく窓側を空けるようにします。窓側からの光を多く採りこむようにすることで、部屋全体が明るくなり開放感を得ることも出来るのです。また、インテリアを置きすぎないである程度スペースに余裕を持たせることも必要です。

f:id:room-info:20170221165821j:plain

一人暮らしの方はこれらの事を意識してインテリアを配置して部屋を広く感じるように工夫をしてみましょう。

www.zerocari.jp